サイトマップ フィンランド基本 フィンランド語学習 フィンランド語辞書 フィンランド語会話 ウムラウト入力設定 フィンランド語文学 フィンランド情報ブログ 伝言板 寄贈書籍の貸出 リンク集
NEW フィンランド語入門講座
フィンランド語講座

フィンランド語入門講座の紹介

今期も募集が開始されました。
頑張ってフィンランド語をマスター
しましょう!
フィンランド最新ニュース
フィンランド語学習

 フィンランド語学習サイト

● 授業の復習サイト
● 教科書の日本語訳を表示
● フィンランド語の文法を表示
フィンランド語辞書

 フィンランド語辞書

● フィン語と日本語で検索が可能
● 語形変化でも検索が可能
● ウムラウト「ä, ö」に対応
● 比較級や最上級の格変化も表示
● 例文も表示

フィンランド語辞書 Ver.1.50
フィンランド語の単語帳

 FLASH フィンランド語単語帳

FLASHでフィンランド語の単語帳を
作成してみました。暗記用にお使い
ください。Suomi ABC内にあります。
簡易なフィンランド語の読物

 http://selko.fi/
 Selkouutiset-lehti
 YLE:n Selkouutiset
 YLE (Facebook)
 Verneri
 Kansanvalta.fi

興味のある方々は参照してください。
WordDive eラーニング
WordDive

 WordDive eラーニング

WordDiveのeラーニングです。
フィンランド語のレッスンもあります。
フィンランドの美大に合格!!

 A.Iさんの受験体験記

2010年の春にフィンランドの美術大学
に合格し、秋からフィンランドで美大
生になったA.Iさんの受験体験記です!
カテゴリ
PROFILE
最新ブログ(10件)
Hiroko先生の翻訳本紹介
今月のブログ投稿日
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
特派員様専用
フィンランド:カレヴァラの日=文化の日

本日(2月28日)フィンランドは、「Kalevalan päivä 」(カレヴァラの日)と呼ばれる文化の日です。『Kalevala』は、いわずと知れたフィンランドの国民叙事詩です。2月28日なのは、『Vanha Kalevala』(古カレヴァラ)の序文が書かれた日付にちなんでいます。

数年前に、ヘルシンキにあるSKS(フィンランド文学協会)を訪れた時に、編者E. Lönnrotの直筆の手帳(上の画像)を見せてもらいました。この手帳には、「WWW」という文字があちらこちらに書いてあります。もちろん「World Wide Web」の略ではなく、あの有名な「Waka Wanha Wäinämöinen (= Vaka Vanha Väinämöinen)」の略です。日本語では、「老いて不抜なるワイナミョイネン」とか「強固な老ヴァイナモイネン」と訳されているものです。

この機会にフィンランドの国民叙事詩についての知ってみるのもいいかもしれません。Wikipediaの日本語版にもよくまとまっているので、興味のある方は読んでみてください。

  『カレワラ』(『カレヴァラ』)- Wikipedia

ちなみに、Wikipediaに書かれている「1835年に2巻32章からなる叙事詩として出版され、当時の知識人階級に大きな衝撃を与えた。」の「当時の知識人階級に大きな衝撃を与えた」という部分は事実ではないです。

カレヴァラ研究家でありドイツ語訳者Hans Frommが指摘するように、公の場でのフィンランド語の使用が活発でなかった当時、スウェーデン語を用いていた学識層や高級官僚は、フィンランド語で書かれた『Kalevala』を理解できず、また、さほど関心も寄せなかったからです。 実際に『Kalevala』の売れ行きは捗々しくなく、1835年の『Vanha Kalevala』(古カレヴァラ)は500部発行されたものの10年間蔵書棚に眠っていたようです。『Kalevala』がフィンランド文化において興隆期を迎えるのは、1900年代初頭に起こった新ロマン主義であり、その一方向性であるカレリアニズムの時代です。「E. Lönnrotはフィンランド民族に過去を夢見させた」と新民族ロマン主義詩人Eino Leinoが書いているように、Lönnrotが夢を追い求めたカレリア地方が芸術家の創作力を鼓舞させ、フィンランド新民族ロマン主義文化(芸術、音楽、文学)の拠り所となります。

| お知らせ-その他 | 11:13 | - | - | ↑PAGE TOP